素数オンラインショップ










水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA



水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA







水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA






水素 スイスパ SUISPA



水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA


水素 スイスパ SUISPA


※本商品は 泡の素×30本+水素の素×10 の販売となります。





商品名SUISPA スイスパ スターターセット
内容量 泡の素120ml×1本、水素の素3個、専用ケース1個
成分 【水素の素】
アルミニウム、酸化カルシウム、マリンハイドロミネラル(岩塩、海塩、炭酸カルシウム、塩化マグネシウム、水素)、他はすべて食品添加物

【泡の素】
水、スルホコハク酸ラウレル2Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、グリセリン、コカミドメチルMEA、
コカミドMEA、PEG-2カプリリルアミン、3-グリセルアスコルビン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモチウム、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリビニルアルコール、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、香料
商品説明 お風呂のお湯と反応して99.9%の水素を発生させる「水素の素」に、
水素を閉じ込めて泡になる「泡の素」をかけてバスタブに入れると
ボコボコと水素バブルが発生し、水素浴ができるバスグッズです。
使用方法 ・浴槽にお湯を張り「泡の素」を1目盛り分(約20ml)注ぎ、その上からシャワーを勢いよくかけ泡立てます。

・ケースにセットした「水素の素」の上に、「泡の素」を1目盛り分(約20ml)注ぎます。

・すばやくケースのフタを閉め、しっかりとロックをし浴槽に沈めます。

・5~10分後、水素が十分に発生したら入浴します
使用上の注意 ・「水素の素」単体でご使用されますと水面に浮き、高温の水蒸気が発生します。
やけどの恐れがありますので必ずケースに入れ、単体でのご使用は絶対におやめください。

・「水素の素」は水分に触れると高温になります。やけどの恐れがありますので絶対に触れないでください。

・外袋から取り出す際に濡れた手で触らないでください。また、水分との接触を避けるため、「水素の素」は脱衣所など(浴室に入る前)でセットしてください。

・一度「水素の素」を外袋から取り出すと、空気中の水分と反応してしまいますので、1時間以内にご使用ください。
また、「水素の素」に「水素の泡」をかけた状態で放置しないでください。

・SUISPAを水中に沈めてから20分程度は活発的に水素を発生させます。
その後も約5時間程度少しずつ水素が発生し続けます。
完全に反応が終わって冷めてから浴槽から取り出してください。
水素発生中に浴槽から取り出しますと高温の水蒸気が発生して危険です。
反応が終わって冷めるまでは浴槽の中から取り出さないでください。

・SUISPAを浴槽から取り出す場合は、「水素の素」をケースに入れたまま、ヒモを持って引き上げてください。

・一部メーカーのガス感知器が水素を検知してしまい感知器が作動する場合があります。
入浴の際は浴室の換気を行ってください。
・水中に1日以上放置しないでください。不織布から内容物が漏れる恐れがあります。
・入浴以外の用途には使用しないでください。フットバスなどのような少量のお湯に使用しないでください。
・乳幼児の手の届く所に置かないでください。小学生以下のお子様によるご使用はお控えください。
・皮膚あるいは体質に以上がある場合は、医師にご相談の上ご使用ください。
・使用中また使用後、皮膚に発疹、発赤、かゆみ、刺激感などの異常が現れた場合は、使用を中止し医師にご相談ください。
発売元 素数株式会社
区分
広告文責
日本製/入浴剤
素数株式会社 0120-49-5072
  • NEW
  • オススメ
商品コード:
8029048~8029049

スターターセット SUISPA スイスパ スターターセット

メーカー希望小売価格
7,600 円 (税込 8,360 円)
販売価格
7,600 円
(税込 8,360 円)
関連カテゴリ:
雑貨
ボディケア > SUISPA
ボディケア > SUISPA > スターターセット
  • カラー(香り):

数量:
カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

#script tag escaped# /* */ #script tag escaped# #script tag escaped# #script tag escaped# -->